離婚に関する法律相談|あかつき法律事務所:西宮市の地域密着型弁護士事務所

法律に関するお悩み、お気軽にご相談ください 0798-34-1780 予約受付:平日9:00~17:30
あかつき法律事務所TOP > 事例紹介:離婚のケース

離婚に関する法律相談

当法律事務所にもご相談の多い事例をご紹介いたします

離婚に関する法律相談事例の概略について以下にご説明いたします。
詳細に関しては個別の条件などによって異なってまいりますので、お気軽にご相談ください。

多いのはいきなり相手方から離婚を求められるケース

離婚のご相談に来られる際に多いのが、男女問わず、いきなり相手方(夫あるいは妻)から離婚を求められてどうして良いのか分からないというものです。
今後の対応、離婚手続きの進め方については、事案に応じてお答えすることが出来ますが、一番困るのが双方の財産状況の把握です。
訴訟となると、分与を求めるものが、その対象となる財産を裁判上明らかにしなければなりません。

相手方の資産状況を把握することが重要

裁判所は双方に財産開示を求めますが、あくまで任意なので、他方に知られていない財産を任意に開示して来ることはほとんどありません。
となると、相手方が開示しない財産にについてはこちらが具体的に示さないといけないのですが、個人情報保護の関係で、夫婦といえども相手方の財産状況を調べることは困難です(第三者はなおさら困難です)。
例えば預貯金などは、裁判手続きを利用して調査するにしても銀行名が特定されているだけでは足りず、銀行の支店名まで特定する必要があります(全店照会に応じてくれる銀行もありますが、極めて稀です)。
預貯金はあるはずだが、銀行支店を特定できない場合は、分与対象として裁判上にあがって来ないため、結局、分与されないことになります。
なので、往々にして財産管理を任せている方が、財産管理をしている方から離婚を告げられた際(ほとんどこのケースです)、相手の資産状況は分からないのに相手には自身の資産状況が把握されているため、裁判所での財産分与では不平等な結論になることがあります。
ご相談に来られる方は、弁護士、裁判所を通じれば、相手方の資産状況も全て調べることが出来ると勘違いされている方が多いのですが、現実は以上述べたとおりなので、離婚を少しでも考えるようになったら、まずご相談いただくか、相手方の資産状況を把握することに努めていただきたいです。
別居してしまうと、立場的には第三者と同じで相手方の資産状況の把握は困難になるので、同居中に相手方の資産状況を把握することが、離婚後のご自身(及びお子様)の新たな生活の糧となるのです。

[ 関連情報 ] 離婚手続きについて

西宮市や阪神地区の方で離婚に関する法律相談されたい事案のある方はお気軽にご相談ください。
あかつき法律事務所 西宮市寿町4-22 O'sビル1階 お電話での連絡:0798-34-1780